» bbsee [PR]AdSenseにハブられたらこれ . オプション 購読

大村GPS研究会・掲示板

みなさん、調査士、会員個人情報を投稿してみてください。     メニューへ戻るは右<<HOME>>をクリックしてください。   尚、掲示板の趣旨と相違する場合は、管理者において削除する場合がありますので、了承ください。 
→新しい話題を投稿する

再区分と敷地権

#1286名前:時刻:2017-01-20 11:39:18返信報告:報告

先日、区分登記した建物を再区分の依頼がありました。
 区分登記する際に敷地権を床面積の割合で登記を終えていました。

 再区分後の敷地権の割合に疑問が出てきて、再区分の場合は、区分壁の壁部分が床面積から除かれますので、単純に床面積の数値が割合にならないので、調べてみたら、再区分後の床面積の割合で按分するとの見解がありました。
 ただ、新たに廊下などの共用部分も発生していますが、仕方ないのかな?と思って再区分登記を申請しています。
 法務局からも、同じ疑問の質問が来ましたが、今のところ調査中です。
 

Re:再区分と敷地権

#1287名前:時刻:2017-01-31 19:51:16返信報告:報告

[1286]宮:
無事、区分建物の区分が完了しました。

 最後まで理解できなかったのが、建物図面をXMLで申請していましたが、1棟の形状は点線で記載ができますが円弧部分だけが実線で法務局は表示されるとの連絡があり調査した結果。

 CAD画面では、円弧部分も点線ですが、XMLで表示すると実線になる症状が現れるので、メーカーに確認したら、法務省の形式が1棟の形状のうち直線は点線、円弧は実線になっているとの回答がきました。
 なぜなぜ!
  条文に沿ったXMLになるように改善を要望しました。

 今回は、CADで円弧の実線を部分的に切り取り、見かけで点線になるように細工したところ、XMLも点線になりましたので区分建物区分登記も無事に完了しました。

雷雲の影響大ですね!

#1284名前:時刻:2016-09-11 23:34:01返信報告:報告

8月上旬に、夕立というか雨雲が、いきなり発生するような天候で、GNSSを観測しました。
 観測している場所は、雨は降らなかったのですが、近くでは降っている場所がありました。
 観測してて、RMSの変動が大きく出てたので、観測回数を増やして、再観測も行いましたが、座標値のバラツキが大きいところで5センチ程度ありました。

 今日、再観測を行いました、天気は安定した雲りでしたので、座標のバラツキは、ありませんでした。

 GNSS観測に雨の影響は少ないと思いますが、雷に関しては、まだまだ、影響が大きいですね!
 以前の機種であれば、雷が遠くで聞こえる程度の時は、もっとバラツキがあったと思います。

Re:雷雲の影響大ですね!

#1285名前:時刻:2016-09-11 23:43:53返信報告:報告

[1284]宮:
8月4日でした。

 こんな天気でした。

山の境界調査?

#1283名前:時刻:2016-04-12 17:09:12返信報告:報告

地籍調査完了地域で山林の境界を知りたいとの相談が以前から多くおりますが、範囲が広いとか、GNSS観測も樹木が障害になり測量費用がどうしても高額になるため、ニーズがあっても仕事に結びつかないのが現実です。

 山林地域でも樹木のない土地である田、畑であれば、上空障害がないためGNSSを利用し容易に位置情報が取得できるんですがね!

 山林地域で安定した測量精度を考えるとGNSSのアンテナを樹木の上まで、容易に持ち上げる事が可能であれば、一定の測量精度で境界の位置が求められると思いますので、何か良い方法がないか?思案しています。

海浜地は、私権の対象?

#660名前:時刻:2010-05-27 20:01:23返信報告:報告

岡山県で、海浜地・いわゆる海岸部分を陸地の一部として地積更正登記がなされ訴訟になっているようです。
 私も法務局と協議した事がありますが、自然海岸の場合は完全に海水の影響を受けない陸地でないと登記の対象とする判断は厳しいという理由で地積更正登記は、立会以前に認めてもらえなかった経験がありまが、ここの法務局は、立会によって私権の対象して登記を認めたわけですかね?
 
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010052201262980

Re:海浜地は、私権の対象?

#664名前:みうら時刻:2010-06-10 21:16:48返信報告:報告

海面下の土地さえ登記していたんだ

羽田沖・田原湾など

Re:海浜地は、私権の対象?

#666名前:時刻:2010-06-14 20:37:58返信報告:報告

[664]みうら:
> 海面下の土地さえ登記していたんだ
>
> 羽田沖・田原湾など

みうらさん、参考事案を有難うございます。
 表示登記制度が独立して確立する前は、慣習や実態に合うよな解釈で登記されたケースが見受けられたようですね?
 

Re:海浜地は、私権の対象?

#667名前:みうら時刻:2010-06-17 21:52:12返信報告:報告

よくわかりませんが

明治時代に払い下げがされたようですね

Re:海浜地は、私権の対象?

#1282名前:岳龍馬時刻:2016-03-19 18:42:42返信報告:報告

[660]宮:
> 岡山県で、海浜地・いわゆる海岸部分を陸地の一部として地積更正登記がなされ訴訟になっているようです。
>  私も法務局と協議した事がありますが、自然海岸の場合は完全に海水の影響を受けない陸地でないと登記の対象とする判断は厳しいという理由で地積更正登記は、立会以前に認めてもらえなかった経験がありまが、ここの法務局は、立会によって私権の対象して登記を認めたわけですかね?
>  
> http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010052201262980
海浜地の内、植生線より、奥は民有地として、国民が自由に利用できます。
大正11年の法務省通牒があります。法務局でお尋ねください。

新春出初め式

#1281名前:時刻:2016-01-10 11:38:10返信報告:報告

新年が始まりました、今年は消費税が増税される前年にあたり、今年と来年は大きく違う年になると思います、今年はその準備も必要な年になるかと思います。
 今日は、新春出初め式でした、27年間の消防団に終止符をうち、一般人として見学してきました! 
見学してみて毎年、少しずつ変化してるみたいです、何ごとも創意工夫し変化を加え実行しないと人は進歩しないですね!

やっとXML図面を提出

#1256名前:時刻:2014-10-22 17:45:36返信報告:報告

 登記申請をオンライン申請を始めたのが、平成21年からですが、tifでの図面を添付して現在に至っておりました。
 
 測量ソフトは、今年4月にトリンブルのソフトを導入してましたが、忙しくて新しいソフトを稼働させていませんでした。
 建物図面からの手始めに、今月の建物登記をXMLファイルで作成して申請してみました。
 
 XMLファイルデビュー月となりました。
 
 登記情報で図面を打ち出したり、画面でみるときはXML図面が当然、明瞭な文字になりますから、いつかは移行しないと思っていました。
 字体にバリエションが少ないので、以前はXML図面は変化がなく単調な図面だなと!思っていましたが、慣れればあまり感じないかな?

いつの時代も、過去を基準に見てしまいますからね!

Re:やっとXML図面を提出

#1259名前:時刻:2014-12-16 22:24:47返信報告:報告

 建物図面も土地の測量図も双方とも、XMLで申請して登記が可能でした。
 今は、日調連のICカードも電子証明書方式に変更され、そちらも対応を迫られ、XPのサポート終了もありましたね、今年はPC関係の対応に迫られた年でした。
 WIN7で稼動としていますが、WIN8も勉強中の日々ですがWIN8は、設定もまだ不完全な状態です、暇を見つけて設定している状態ですが、測量ソフトも最新に変えたので、その対応もしている状況です。

Re:やっとXML図面を提出

#1263名前:時刻:2015-02-28 21:56:36返信報告:報告

[1259]宮:
>  建物図面も土地の測量図も双方とも、XMLで申請して登記が可能でした。

 XMLの地積測量図の作成で、測量ソフトでXML図面を作成するときに境界標識の種別に金属鋲が無いのですが、金属鋲と表記して、いろいろ試してみましたが出来ないので、XMLのシステム自体が出来ないのかな?
tif図面で金属鋲は可能ですが、XMLは金属標か金属プレート標、プラスチック標、コンクリート標などの区分しなく、設定を変更しても、XMLに反映されませんでした。
 法務省は、金属鋲や砲金は、金属標という括りでシステム化したのかな?

勉強不足かもしれませんが、情報があれば情報提供をお願いします。

Re:やっとXML図面を提出

#1264名前:時刻:2015-03-01 15:17:31返信報告:報告

法務省が出しているXMLスキーマ(仕様書)にのっとった形でなければハネられる仕組みになっています。
http://www.moj.go.jp/content/000011197.pdf

この件(杭属性等)は、93条調査報告書(案)の意見募集の折に長崎会の意見として出しました。

H26年度の事業計画にXMLについての研究を行うようしていたのですが、フタを開けてみると.....利用者がいないということがわかり時期を見なければならない問題だとなりました。

次年度以降XML図面の利用者を少しでも増やしてスキーマの問題点を集約できればと思います。その時は、ご協力をお願いします。

Re:やっとXML図面を提出

#1265名前:時刻:2015-03-02 18:45:48返信報告:報告

[1264]ま:
> 法務省が出しているXMLスキーマ(仕様書)にのっとった形でなければハネられる仕組みになっています。
> http://www.moj.go.jp/content/000011197.pdf
>
> この件(杭属性等)は、93条調査報告書(案)の意見募集の折に長崎会の意見として出しました。
>

  情報提供、有難うございます。

 システムの問題である事が判れば、対処の方法を考えれば良い事なので、システムの課題であれば、将来改善される事を期待します。
 自分でも後日、金属標と金属鋲の取り扱いが混乱してもいけないので、地積測量図にその旨を付記して申請しました。

 建物図面は、殆ど問題はないですし、土地図面は現時点では、この境界標識の種別問題ぐらいですかね?
 法務局からも大きな指摘もないですし・・・・

 法務局から指摘があったのが、建物図面のXMLデーターを1枚分、添付していたのに細胞分裂のように法務局のコンピューターでは2枚になっていて、同じ図面が2枚、存在するので1枚だけ採用するので問題ないか?との問い合わせがあったぐらいです。

 

Re:やっとXML図面を提出

#1266名前:時刻:2015-05-12 22:02:56返信報告:報告

[1265]宮:
> [1264]ま:
> > 法務省が出しているXMLスキーマ(仕様書)にのっとった形でなければハネられる仕組みになっています。
> > http://www.moj.go.jp/content/000011197.pdf
> >

地積測量図を XMLで作成した場合に、三角点等の測量の与点が無い旨の警告が出ていますが、図面の表示には電子基準点を記載しています。
 警告の原因は、不明なのですが、測量ソフトで警告が出てもオンラインで法務局に申請して、法務局の職員に問題ないか?聞いても問題なく開くと言われ、分筆登記も問題なく完了しております。
 最近は、そんな感じですべて分筆登記等は完了しております。

Re:やっとXML図面を提出

#1276名前:時刻:2015-12-22 23:18:25返信報告:報告

XMLの近況報告ですが、建物図面関係も地積測量図も問題なく登記ができています、地積測量図も全地測量省略の差し引き分筆も挑戦し、思ったとおりの地積測量図ができるようになりました。

 今日、法務局から電話があり、法務局の内部問題なんですが・・・・・と言いながら地積測量図から座標化が出来ないので座標を手入力しなくてはいけないので、何かソフトを変えたのですか?と言われましたが、同じソフトを使ってますと回答しましたが、分筆線の認識を再度させて送りましたが、同じ結果でした。
 XMLファイルの座標化が出来ないという事は、どういう事でしょうね?
 画面では地積測量図は確認できるらしのです!
 
 そんな経験がある方の情報があれぱ提供をお願いします。

とうとうGNSSへ

#1272名前:時刻:2015-09-04 11:14:16返信報告:報告

当研究会も、運営開始してから10年を超えました、代表役員も交替し肩の荷が下りた次第です。
 
 GPS主体から、その他の衛星の運用が活発化しており、当研究会も今月には、GNSS対応として新機種の運用を企画され、9月中には、仮運用が始まると思います。

 登記事務に関しても、GPSからGNSSへの変更についての注意事項などが発生すると思いますので、公嘱などの研修会開催して説明および意見交換を計画したいと思います。 

 具体的な、GNSS器の件については後日、掲載したいと思います。

Re:とうとうGNSSへ

#1273名前:時刻:2015-09-16 20:14:12返信報告:報告

今日、GNSS器が納品されました、さあ、今から新しい器械の勉強になります。

Re:とうとうGNSSへ

#1274名前:時刻:2015-09-16 20:21:07返信報告:報告

まずは、動くかな?
観測できるかな?

大村GPS研究会の幹部のみなさんが、真剣にコントローラーの操作を、こうかなあ~かな、って感じで操作しました。

 GNSSなんで、GPS及びグロナス、更に日本の準天頂衛星 QZSSを観測できる事になるんで、観測時間帯がかなり融通がきく事になり、観測できる場所のもかなり広がるんだろうと期待しています。

 これからの、GNSSを使ってみてGPSとGNSSの具体的な違いが判り次第、この掲示板で投稿をしていきたいと思います。

Re:とうとうGNSSへ

#1275名前:時刻:2015-12-22 23:05:51返信報告:報告

GNSSが稼働して、3~4ケ月経ちましたが、GPSからGNSSの移行は意外とスムーズに皆さん行っている感じがします。

 GPSよりGNSSが数値的な安定度が高くなっているのは感じますね!、観測時間帯の制限も比例して受けなくなっているのは当然感じます。

 まだまだ、実証サンプルが少ないので、新しい発見がまだまだなんですが、数値の安定は気分的に安心感が増しますね!

ミラー改良・通称トンボ

#1268名前:時刻:2015-07-05 18:23:31返信報告:報告

自動視準では、プリズムの中心に自動で合うため、プリズム定数が0の場合は、TSとプリズムが正対しないと、測角に誤差が発生するため、プリズム定数が-30などを利用して、誤差を軽減する事が可能です。
 ただ、定数が-30の場合は、プリズムの上下が容易ではないため、定数0のプリズムで方法がないか考えた結果、考案しました。
 尻尾をつけましたのでトンボのようなミラーになりました。

Re:ミラー改良・通称トンボ

#1269名前:時刻:2015-07-05 18:27:50返信報告:報告

プリズムの後方からの写真です。
 尻尾の中心とポールの中心を一致させ、TSがポールに隠れる方向に向けると、プリズムが正対する結果になります。
 ほぼ、プリズムは正対します、後は、ミラーについてる気泡間誤差の影響しだいと思います。

Re:ミラー改良・通称トンボ

#1270名前:時刻:2015-07-05 18:30:51返信報告:報告

自動視準は、トリンブルのS6なんで、コントローラーも市販の弁当入れを利用して作りました、クッション剤、保温材が使用されており、大きさも調度です。
 

Re:ミラー改良・通称トンボ

#1271名前:時刻:2015-07-05 18:34:57返信報告:報告

蓋つきなんで、ぱらぱらと雨が降っても、小雨程度であれば大丈夫ですし、夏場の日差しで画面を影にして見れたりします。

研修会について

#1267名前:時刻:2015-06-24 01:52:10返信報告:報告

長崎会、公嘱協会の共催の研修会に、熊本会の島田先生に講義して頂き、有り難うごうざいました。
色んな講義内容の要望をして、準備に時間が掛かったと思いますが、またの研修会に機会がありましたら、宜しくお願いします!

パスワード:
Powered by bbsee.info. Copyright © 2005-2017
HTML generated at 2017-01-31 19:51:29 (0.047 sec).