» bbsee [PR]AdSenseにハブられたらこれ . オプション 購読

80s岩手県のバス“その頃”掲示板

古いバスのこと、昔のバスの想い出、岩手県のこと、新幹線の看板などの掲示板です
→新しい話題を投稿する

関東自動車と東野交通の合併

#1731名前:左党89号時刻:2018-05-25 21:50:12返信報告:報告

みちのりグループの両社が10/1付けで合併と公式リリースがありました。
関東自動車が法的な存続会社ということで東野交通は会社としては消滅しますが、リリースの中に
>なお、東野交通由来の営業所や車庫については、
>基本的には「東野」の名前を新たに付して、
>東野交通がこれまで築き上げて来た伝統を
>引き継いで参ります。
とあることから、県北バスと南部バスの関係に近いものか?とも解釈できます。
10/1になったと同時にバスの色が急激に変わるわけではないですが、今後の動きは注目すべきでしょう。

余談ですが、この掲示板に投稿した関東自動車の復刻カラーと同時に登場した東野交通の復刻カラーを先日、宇都宮駅で撮影できました。

Re:関東自動車と東野交通の合併

#1732名前:管理人時刻:2018-05-27 20:44:55返信報告:報告

左党89号さん、こんばんは。
エリアが重複するので、経営効率の面から、合併は至当な措置でしょうね。また、元のブランド名はそのまま残すというのも、地元住民や従業員への配慮が効いていると思います。
聞いたところでは、南部バスエリアでは、岩手県北バスカラーをアレンジしたような貸切車両が走っているそうですね。
私は、南部バスの貸切カラー(Nanbu Touring Bus)が結構好きだったので、色が変わってしまうのは、ちょっと残念です。
また、みちのりグループの共通カラーも登場し始めていると聞きました。
各社のカラーを継続してほしいというのは、単なる外野の郷愁でしかありませんが、私個人的にはそんなことを思ったりします。

更新後記(2018.5.7)

#1728名前:管理人時刻:2018-05-07 20:13:33返信報告:報告

こんばんは。
今回の更新では、入門の車両編に立ち戻って「トレーラーバス」というのに触れてみました。
トレーラーバスは“その頃”のバスではなく、終戦後という私が生まれるよりだいぶ前のバスなのですが、ちょっと理由があって調べてみました。
その理由というのは、ある廃車体がトレーラーバスであるか否かを検証してみようと思ったからです。
その廃車体というのは、山梨県にあったものの、数年前に撤去されて姿を消してしまいました。
実物が姿を消した以上、写真などから推察するしかないのですが、そもそも、トレーラーバスとは何ぞや、というところから入らないと推察も検証もやりようがありません。
しかし、残念ながら、「トレーラーバスを仔細に研究した資料」は少なく、一般的なタイプの解説でさえ、文献によって相違があるという始末でした。
そうなると、特殊な仕様の車両があったとかなかったとか、などの探求まで辿りつけるはずもない、という結果だったのです。
ただ、不思議と「トレーラーバスに触れた文章」だけなら、数多く存在します。ここで添付した京浜急行の記念乗車券にも出てきますし、バス会社の社史などにも数多く触れられています。
特殊な車両だっただけに、台数の大小にかかわらず、導入したという実績だけは、記録として残っていた結果でしょう。
そんなトレーラーバスについて、現状で集められた情報をもとにまとめたのが、今回の更新です。

Re:更新後記(2018.5.7)

#1729名前:ポンコツ屋 赤木時刻:2018-05-21 09:55:32返信報告:報告

トレーラーバスの解説、現役時代を知らないので、いつものバス趣味から少し離れた視点から興味深く拝見しました。山梨の「ある廃車体」も、今思えば行動範囲内でしたから、見てみたかったものです。
画像は85年にアメリカコロラド州で撮影した、スキー場の駐車場シャトル。あの国にしては小柄な車体の連結車でした。車名型式等さっぱりわかりません。

Re:更新後記(2018.5.7)

#1730名前:管理人時刻:2018-05-21 22:05:25返信報告:報告

ポンコツ屋 赤木さん、こんばんは。
山梨県のその物件は、「廃バス見聞録2」に掲載の山梨交通3台口の廃車体に向かう麓の辺りにありました。(と、さりげなく貴殿の出版物の宣伝をさせていただきます)
実は、2012年にこの掲示板でも投稿がありましたが、ほとんど話が盛り上がらないまま終わりました。
http://bbsee.info/days_1980/id/753.html
BBSメニューページに今は写真がありませんので、その時に載っていた写真をここで再掲します。小さい画像です。
先頭部の屋根のカーブやそこにある標識灯などから、箱型バスの先頭部であることは間違いないと思っています。
ただ、前側にトレーラーのカプラー部分の欠き取りにも似たラインが見えるのも事実です。
・・・みたいな話は、またアラカルトのコーナー辺りで回りくどく書いてみようかと思っています。

ボンネットバス運行情報 2018年(平成30年)5月の予定

#1724名前:onozawa時刻:2018-05-04 15:05:04返信報告:報告

ネット環境が悪く更新できませんでした。

2018年(平成30年)5月定期運行分の予定

#1726名前:onozawa時刻:2018-05-06 14:49:26返信報告:報告

・滋賀農業公園『ブルーメの丘』
【注意】*一部報道等で3/3スタートとされておりましたが、
事情により3月17日(土)スタートとなりました。
 3月17日(土)~11月30日(金)の土日祝限定で、滋賀県蒲生郡日野町にある「ブルーメの丘」で無料シャトルバスとして活躍します。
ブルーメの丘⇔日野駅間を運行します!ノスタルジックに浸ってください。
平成29年10月まで「彦根ご城下巡回バス」として活躍していたボンネットバスがブルーメの丘にやってきました!
シャトルバス運行時間(3/17~11/30の土日祝限定)
日野駅発⇒ブルーメの丘行
①10:10
②11:10
③14:40
④16:40
ブルーメの丘発⇒日野駅行
①10:40
②14:10
③16:10
(情報ありがとうございます。)
http://www.blumenooka.jp/
https://www.farm-group.jp/
 
 
・日本交通(鳥取県岩美町)
『ボンネットバスでめぐるレトロなバスツアー2018(30年度)運行』
今年も例年通り運行します。
②『アニメの世界へようこそコース』
○青コース
 運行日:4月7日(土)、6月30日(土)、8月25日(土)
     9月15日(土)、10月6日(土)、11月17日(土)
○赤コース
 運行日:4月8日(日)、7月1日(日)、8月26日(日)
     9月16日(日)、10月7日(日)、11月18日(日)
①『バス愛好家さんこだわりコース』
運行日:6月1日(金)、9月7日(金)
昭和レトロなボンネットバスをお好きなだけ撮影できるコースです。
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の停車駅「東浜駅」にも立ち寄ります。
ボンネットバスと「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を1枚の写真に収めてみませんか。
http://www.iwami.gr.jp/item/8880.htm
http://www.iwami.gr.jp/secure/8880/ボンネットバスツアーチラシ.pdf
 
 
・鞆鉄道(福山市鞆の浦) 『福山鞆の浦 定期観光バス』
 3月21日(水祝)~11月25日(日)の土曜・日曜日・祝日に、
今年は、午前コースにボンネットバスが定期観光として走ります。
http://www.tomotetsu.co.jp/tomotetsu/teikikannkou/ 
 
  
・四国交通(三好市) 『大歩危祖谷 定期観光バス』 
 3月17日(第3土曜日)~11月30日(金)の土・日・祝日のみ運行。
※ただし、5月・8月・10月・11月は毎日運行です!
http://yonkoh.co.jp/teikan
http://yonkoh.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/teikan_omote.pdf
http://yonkoh.co.jp/periodi.htm
 
・大交北部バス(大分県豊後高田市)
 『昭和ロマン号』に無料で乗車できます。
☆昭和の町周遊コース☆
・昭和時代の懐かしい雰囲気そのままの商店街を巡るコースとなっています。 
■2月■  2月10日(土)、2月11日(日)、2月12日(月祝)、
     2月17日(土)、2月18日(日)、2月24日(土)、2月25日(日)
■3月■  3月3日(土)、3月11日(日)、3月17日(土)、3月18日(日)※、
       3月21日(水)、3月24日(土)、3月25日(日)、3月31日(土)
       ※3月18日(日)の運行時間は未定です。
https://www.showanomachi.com/topics/detail/216
https://www.showanomachi.com/files/TopicsDetail/23/TopicsDetail_23555_file.pdf
 
 

ボンネットバス運行情報 2018年(平成30年)4月の予定

#1723名前:onozawa時刻:2018-05-04 15:03:09返信報告:報告

ネット環境が悪く事後報告になってしまいすみませんでした。
 
 
・『土浦桜まつり2018』(土浦市観光協会)周遊バス(日本バス文化保存振興委員会)
 3月31日(土曜日)・4月1日(日曜日)・4月7日(土曜日)・4月8日(日曜日)の4日間、
茨城県の土浦市を「まちなか桜めぐりバス」(ボンネットバスで桜の名所周遊)が走ります。
http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/sakuramatsuri/
http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/sakuramatsuri/pdfs/sakuramatsuri_busmap02_1803.pdf
http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/sakuramatsuri/pdfs/sakuramatsuri_chirashi03_1803.pdf
 
 

2018年(平成30年)4月定期運行分の予定

#1725名前:onozawa時刻:2018-05-06 14:45:40返信報告:報告

 
・滋賀農業公園『ブルーメの丘』
【注意】*一部報道等で3/3スタートとされておりましたが、
事情により3月17日(土)スタートとなりました。
 3月17日(土)~11月30日(金)の土日祝限定で、滋賀県蒲生郡日野町にある「ブルーメの丘」で無料シャトルバスとして活躍します。
ブルーメの丘⇔日野駅間を運行します!ノスタルジックに浸ってください。
平成29年10月まで「彦根ご城下巡回バス」として活躍していたボンネットバスがブルーメの丘にやってきました!

シャトルバス運行時間(3/17~11/30の土日祝限定)
日野駅発⇒ブルーメの丘行
①10:10
②11:10
③14:40
④16:40

ブルーメの丘発⇒日野駅行
①10:40
②14:10
③16:10
(情報ありがとうございます。)
http://www.blumenooka.jp/
https://www.farm-group.jp/
 
 
・日本交通(鳥取県岩美町)
『ボンネットバスでめぐるレトロなバスツアー2018(30年度)運行』
今年も例年通り運行します。
②『アニメの世界へようこそコース』
○青コース
 運行日:4月7日(土)、6月30日(土)、8月25日(土)
     9月15日(土)、10月6日(土)、11月17日(土)
○赤コース
 運行日:4月8日(日)、7月1日(日)、8月26日(日)
     9月16日(日)、10月7日(日)、11月18日(日)
①『バス愛好家さんこだわりコース』
運行日:6月1日(金)、9月7日(金)
昭和レトロなボンネットバスをお好きなだけ撮影できるコースです。
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の停車駅「東浜駅」にも立ち寄ります。
ボンネットバスと「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を1枚の写真に収めてみませんか。
http://www.iwami.gr.jp/item/8880.htm
http://www.iwami.gr.jp/secure/8880/ボンネットバスツアーチラシ.pdf
 
 
・鞆鉄道(福山市鞆の浦) 『福山鞆の浦 定期観光バス』
 3月21日(水祝)~11月25日(日)の土曜・日曜日・祝日に、
今年は、午前コースにボンネットバスが定期観光として走ります。
http://www.tomotetsu.co.jp/tomotetsu/teikikannkou/ 
 
  
・四国交通(三好市) 『大歩危祖谷 定期観光バス』 
 3月17日(第3土曜日)~11月30日(金)の土・日・祝日のみ運行。
※ただし、5月・8月・10月・11月は毎日運行です!
http://yonkoh.co.jp/teikan
http://yonkoh.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/teikan_omote.pdf
http://yonkoh.co.jp/periodi.htm
 
・大交北部バス(大分県豊後高田市)
 『昭和ロマン号』に無料で乗車できます。
☆昭和の町周遊コース☆
・昭和時代の懐かしい雰囲気そのままの商店街を巡るコースとなっています。 
■2月■  2月10日(土)、2月11日(日)、2月12日(月祝)、
     2月17日(土)、2月18日(日)、2月24日(土)、2月25日(日)
■3月■  3月3日(土)、3月11日(日)、3月17日(土)、3月18日(日)※、
       3月21日(水)、3月24日(土)、3月25日(日)、3月31日(土)
       ※3月18日(日)の運行時間は未定です。
https://www.showanomachi.com/topics/detail/216
https://www.showanomachi.com/files/TopicsDetail/23/TopicsDetail_23555_file.pdf
 
 

群馬県で見つけた廃バス

#1721名前:IKC時刻:2018-04-29 23:28:22返信報告:報告

こんばんは、初めまして。
先日、観光バスの廃車体を見つけたので、本日撮影してきました。
型式がどうしてもわからず、お聞きしてみました。
おそらく日野のRVではないかと推測はしているのですが…
型式お分かりになったら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Re:群馬県で見つけた廃バス

#1722名前:管理人時刻:2018-05-01 20:55:17返信報告:報告

こんばんは。
側面最後部のエンジン通気口の形状から、ご想像の通り、日野RVだと思います。
観光バスは窓を見ても長さが分かりにくいので、それ以上の細かい型式は、ちょっと分かりません。
前輪フェンダ脇に側面ウィンカーがないので新しくても1979年式でしょうか。

風景印に描かれた新幹線

#1719名前:左党89号時刻:2018-04-21 19:50:44返信報告:報告

日本郵便のサイトの中に風景印を掲載したコンテンツがありましたが、その中でも新幹線が描かれたのがいくつかありました。

・新函館北斗駅前郵便局…H5系
・秋田明田(みょうでん)郵便局…E6系
・鉄鋼ビル内郵便局(東京都)…E4系
・八重洲地下街郵便局…700系
・メルパルク長野内郵便局…E2系?(現在は郵便局廃止)

自分は風景印は集めていませんが、結構鉄道車両がデザインに組み込まれているのがあるようです。

公式サイト
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/fuke/

Re:風景印に描かれた新幹線

#1720名前:管理人時刻:2018-04-22 21:29:49返信報告:報告

左党89号さん、こんばんは。
風景印というのがあるんですね。
この日本郵便のサイトに出ているのは、一部のものなのでしょうか。
検索してみたら、全国には、結構0系とか、200系とかが入っている物があるようなのですが・・・。
やはり突っ込みどころのあるものに目が行ってしまう悪い癖がありますが、鉄鋼ビルのE4系はいつまで持つんだろうかとか考えてしまいます。
「200系を探せ」のコーナーも最近では新ネタがほとんど入らなくなっており、こういうヒントを聞いてしまうと、どうしても気になってしまいます。
でも、検索したところ、風景印を集める先人たちが大勢いるようですし、これから手を染めるには大変そうなので、私も自分で集めるのは諦めます。

更新後記(2018.4.18)

#1718名前:管理人時刻:2018-04-19 20:54:53返信報告:報告

更新を前に、4月1日という切りのいいタイミングで、WOVNの自動翻訳を導入してみました。
世の中は、インバウンド対応の多言語化だとかいえば、国の補助金も潤沢で、行政機関も企業も金や人を出し惜しみしないという時代になってきています。
そんな時代の流行に乗っかってみたというわけではないですが、ちょっと面白そうなので、取り入れてみたわけです。
しかし、今回の無料ver.は飽くまでも上限があり、早速、月内の文字数制限に引っかかってしまいました。30,000語が限界だそうです。
トップページを更新したら、文字を変えた部分だけが翻訳されていないという状態になっています。
文字数の多いページを対象にしてしまったことと、欲張って中国語やタイ語も加えてしまったことが原因だと思います。
次月になる前に、英語のみの設定に変え、対象ページも、外国人が読む可能性のありそうな、例えばロンドンバスが出ているページとかに絞ってみようかと思っています。
画像は、日野オートプラザにあった富士急行のワールドバスの模型です。外国人用の観光バスをわざわざ特注した歴史を持つ富士急行のお膝元には、今ではインバウンドの外国人が大勢訪れているということです。

Re:更新後記(2018.4.18)

#1727名前:管理人時刻:2018-05-07 19:48:08返信報告:報告

というわけで、今月の自動翻訳を効率的にするため、言語を英語のみに絞ることにしました。
対象ページの拡大については、とりあえず「廃車体は生きている>ロンドンバス」あたりを増やしてあります。
ただ、よく見てみると、自動翻訳にも限界があるようです。
同じ語句が異なる翻訳になっているケースがあります。
例えば写真の下に必ず書いてある「撮影:」という文字は「photo」がオーソドックスでいいと思うのですが、「photograph」「photography」「photographer」「shooting」など5種類が同じページに混在しています。
また、「伊東市」「秋田市」は「Akita-shi」ですが、そのほかは「Matsuyama city」「Chiba city」などと英訳されています。
ちなみに「ルートマスター」「ロデッカ」の車名は、当初は異なる英訳がされていましたが、これらは翻訳指定をすることで、正しい翻訳に統一されました。

国鉄バス

#1717名前:スノケン時刻:2018-04-07 20:51:33返信報告:報告

こんばんは
国鉄象潟営業所 ナンバー14-81号
度々乗車しておりました。僚機に14-80号もあり
19:00 最終便は横岡、長岡行2台で運行されておりました。
1976年当時小学校の改築が行われ暫定処置として山の学校に
疎開しており定期券で通学しておりました。
現在は営業所、官舎も解体されJRバス東北所用地となって
おります。

前部標識灯の撤去例

#1707名前:ポンコツ屋 赤木時刻:2018-02-24 12:52:10返信報告:報告

更新作業お疲れさまでした。サイトデザインも今風でカッコ良いです。BU05を待っていたらキュービックがやって来たかのような、新鮮な驚きでした(エルガではない)。

さて、灯火類のコーナーにありました、使用過程で標識灯を撤去したBA20を見ましたので画像を貼り付けます。あくまで「トラックの速度表示灯と紛らわしい」ということでリヤは残されていました。
塗りつぶしただけの個体が多い中これは丁寧な造作ですが、なんとも”抜けた”印象があります。

Re:前部標識灯の撤去例

#1709名前:管理人時刻:2018-02-24 21:26:57返信報告:報告

ポンコツ屋 赤木さん、こんばんは。
灯火類の記事作成に際しては、いろいろとご助言ありがとうございました。
正面の標識灯に関しては、宇野自動車のように一貫して使い続けている会社もある中で、わざわざ塞ぐ必要もないように思ったりします。まあ、電球の交換の手間をなくす意味でも、塞いだり取り外したりした方が楽だという意味はあるのでしょう。

サイトデザインは、お褒めいただき、ありがとうございます。
エルガではなくキュービックが来た感じなんですね。私はキュービックが好きで、未だにエルガより優れたデザインだと思っている人間なので、これもお褒めの言葉と認識します。
エルガ世代の人は、Webサイトというよりも、LINEとかSNSとかになるのでしょう。

Re:前部標識灯の撤去例

#1715名前:ぽんたか時刻:2018-03-28 21:48:40返信報告:報告

こんにちは。
こちらのボンネットバスは兄弟車ですが、
前に写っている車は前部標識灯が撤去されています。
旧式の車両には前部標識灯があった方が格好良いと思うのは私だけでしょうか。
逆に、慣れなのか新型車に前部標識灯があると違和感を感じてしまいます。

マツダライトバスC型

#1712名前:北の恋人時刻:2018-02-25 21:24:56返信報告:報告

初めまして、こんばんは。

北海道からです。

先日、仕事先でマツダライトバスの廃車体を見まして、ネットで検索をかけてもあまりはっきりした答えがなく、たまたま当サイトを見つけました。

形式プレートを見ると、原動機型式がWA

気筒数☓内径☓行程

4☓88☓94m/m

排気量が2286CCでした。

ネット等で見ると、ライトバスはガソリンの2000㏄とディーゼルの2500㏄となっていましたので謎でした?

この個体、お解りでしたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

Re:マツダライトバスC型

#1713名前:管理人時刻:2018-02-26 21:50:43返信報告:報告

北の恋人さま、はじめまして。
マツダライトバスのC型と言われるタイプですね。
2286ccのWA型ディーゼルエンジンは、ライトバスにディーゼル車を加えた時から設定があるようです。
2500ccエンジンというのは、XA型エンジンで、少し遅れての設定となっています。
どうやら、ガソリンエンジンを含めて、エンジン型式は4種類が存在したようです。
こんな回答でよろしいでしょうか。

Re:マツダライトバスC型

#1714名前:北の恋人時刻:2018-02-27 22:38:20返信報告:報告

管理人様、こんばんは。

早速のご返答ありがとうございます。

ライトバスのエンジンが4機種もあるとは思いませんでした。

お時間割いていただき有難うございました。

パスワード:
Powered by bbsee.info. Copyright © 2005-2018
HTML generated at 2018-09-23 02:32:46 (0.029 sec).