問題点の報告

掲示板のご利用中に問題点を発見された方は、こちらのフォームにてご報告のご協力をお願いいたします。 bbsee 無料レンタル掲示板では常に利用規約に沿って書き込み内容をチェックしており、速やかに問題点を判断するよう努力しています。
このフォームから、掲示板の管理者や利用者にメッセージを送ることはできません。 掲示板の管理者宛のメッセージや、一般的な削除依頼は、掲示板上でお伝えください。

報告フォーム
掲示板ID / ZARD研究所BBS
記事番号
記事内容

Re:歌詞の理解の為に No.58'Season'

狐声風音太、noritamaさん、皆さん、こんにちは。

> '制服達'特に説明も要らないとは思いますが、「学生達」のことですね。
泉水さんらしいと言いますか、上手い擬人化ですね!
詞の雰囲気からも学生達である事が容易に理解できます。

改めて歌詞を読むと、「“青春の意味”を知らされた」の表現がいまひとつ理解できなかったのですが...

あの頃は「いつも~君を思い」過ごしていた。でも「言えなくて 悩んでいた」
そんな「遠くから」見つめることしか出来なかった「切なくて 淡い」想い。
ただ、それもいつしか遠い記憶になりつつある。
今では「懐かしく胸に」刻まれる「藍い時間」...「青春」

「青春」とは良くも悪くも、過ぎ去った日々が時間と共に思い出に変わってゆく、
ある意味残酷なものかもしれませんね。
いつまでも君を思い続ける筈だった(続けたかった)のに、時がそうはさせない。
生活も変わり、徐々に「薄れゆく 君への憧れ」
今、「アルバム~開いて見る」度に、「青春の意味(残酷さ)を知らされた」
「あの日」「あのseason(季節)」の切ない想いは、時を重ねることで「いつの日か(知らぬ間に) 卒業したね」

そうは言っても社会人になって、“今が青春”“青春真っ只中”なんて人もいるでしょうけど(笑)

この曲で印象に残るのは、最後の英語詞です!
思い出すのは君と、風の強いあの日あの季節。
これは頭の「ポプラの並木をくすぐる風」に通ずるのかもしれませんね。
「春色きらめいている」「輝いた景色」等は、それに附随するものとして、
君を思い出す呼び水となっているような気がします。

風が強く吹く季節には、きっとあなたを思い出す。
~you and windy season...いい詞ですね(^-^)

春を感じるのは沈丁花の匂いだったりします。
それこそ風にのってあの甘い香りがすると、懐かしさを感じます( ̄^ ̄)スゥーー

問題点







コメント