問題点の報告

掲示板のご利用中に問題点を発見された方は、こちらのフォームにてご報告のご協力をお願いいたします。 bbsee掲示板では常に利用規約に沿って書き込み内容をチェックしており、速やかに問題点を判断するよう努力しています。
このフォームから、掲示板の管理者や利用者にメッセージを送ることはできません。 掲示板の管理者宛のメッセージや、一般的な削除依頼は、掲示板上でお伝えください。

報告フォーム
掲示板ID / ZARD研究所BBS
記事番号
記事内容

歌詞の理解の為にNo.01 「お・も・ひ・で」

ZARD DICTIONARYの事はさて置き、歌詞の単語、時代背景などを知った上で、曲を聴くと、また違う理解が出来るではないでしょうか。その一助として、いくつかの曲で私が気付いた事を書いてみます。

”大室山”はこの曲が「伊豆新世紀創造祭(愛称:チェンジ伊豆2000!)」のタイアップ曲と言う事で、伊豆半島の大室山ですね。ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%A4%E5%B1%B1_%28%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%29
(MACだと字化けするかもしれませんので、”大室山(静岡県)”で検索して下さい。)
にステレオ写真が載っていて、それで見ると、山の形が良く判ります。

”待ちあわせの場所 間違えて 映画観れなくなったね”
今の時代では、待ち合わせの場所は大体決めていて、そこに向う途中の電車の中などで、携帯電話で連絡を取り合っているのを見かけます。
携帯電話普及率を調べてみると、2000年78.5%、歌詞に”十年後のアルバムを いつか開くように”と有るので、1993年の普及率は3.2%(それ以前の普及率は見つけられなかった)でした。
この歌が10年前の事を歌っているとは限りませんが、私自身が必要に駆られて、携帯電話を買ったのが16年ほど前(普及率24.9%)で、一般にはまだそれほど普及していなかった。その当時は待ち合わせの場所は、前回のデートの時に、次の日時、場所を決めて置くか、相手の家族が出ることを覚悟で、固定電話に電話するしかなかった。そのような状況では、待ち合わせの場所を間違えて映画を観られなくなることが有った事も十分考えられる。

問題点







コメント