問題点の報告

掲示板のご利用中に問題点を発見された方は、こちらのフォームにてご報告のご協力をお願いいたします。 bbsee掲示板では常に利用規約に沿って書き込み内容をチェックしており、速やかに問題点を判断するよう努力しています。
このフォームから、掲示板の管理者や利用者にメッセージを送ることはできません。 掲示板の管理者宛のメッセージや、一般的な削除依頼は、掲示板上でお伝えください。

報告フォーム
掲示板ID / ZARD研究所BBS
記事番号
記事内容

WBM2016はWBM2004の再現だった

「music freak press」VOL.49

●今回のライヴはいつ頃開催が決まったのでしょうか?

寺尾:最初にライヴをやろうって話が出たのは、去年の12月よりも前でした。2011年のライヴは、20周年のライヴでひと区切りと告知して、バンド・メンバーもスタッフも全身全霊で向き合い、とてもいい結果が残せたと思っていましたし、観客の皆さんにも喜んで頂けたと感じていました。でも、もうこのまま終わってしまうのは寂し過ぎる、どうかまた節目の時にライヴをお願いできませんか?という声を沢山頂いたんです。僕らとしても、まだ皆さんにお披露目したい坂井さんの素敵な映像も残っていましたし、25周年をファンの皆様と共に祝いたいという強い気持ちもありました。しかし、とても大掛かりなライヴですし、色々と準備も掛かるわけで、正直言ってそんなに簡単に開催出来るものでもないんですよね。そこで最終的な決定が出るまでに少し時間が掛かってしまい、そうこうしているうちに2016年問題もあってこれまで開催してきた会場を押さえる事が出来ず、従来よりも少し小さめのホールで開催する事になりました。
※2016年問題とは……2020年東京オリンピックに向けて、各地のコンサート会場が改修工事等のため閉鎖し、ライヴ用の施設が不足するとされる問題

 
●バンド・メンバーはどのように決まりましたか?

寺尾:まず今回のライヴをどんな内容すべきか長戸大幸プロデューサーとも相談して、坂井さんの歌とバンドの演奏をしっかり聴かせる、ZARDの音楽をしっかり届ける、そんな2004年の再現みたいな内容にしていこうという事が決まりました。次にバンド・メンバーの人選になり、まずSensationの4人が決まりました。今までずっとドラムは2人だったんですけど、今回は車谷君1人でいこうと。実は僕からそう進言させてもらったんですけど、今回、Sensationの4人でしっかりまとまってやり抜いて欲しかったし、彼らだったら出来るという確信もあったからなんです。それに今回のライヴは2004年の再現という事もあって、同じようにドラムを1人にしたというのもあります。その流れから、やはりその当時のメンバー中心で固めていき、そこに森丘君が選ばれた形になりました。

 
●では、ゲスト・ミュージシャンはどのように決まりましたか?

寺尾:過去には倉木麻衣さんや、池森秀一さん、浅岡雄也さんなどヴォーカリストの方々にもご出演頂いていて、今回もそういう流れも考えてはいたんですけど、やはり坂井泉水さんのヴォーカルをより際立たせようと、そこにテーマが絞られて、最終的にZARDに曲を提供したり、編曲を担当するなど制作に携わってきたミュージシャンでいこうという事になりました。

問題点







コメント