問題点の報告

掲示板のご利用中に問題点を発見された方は、こちらのフォームにてご報告のご協力をお願いいたします。 bbsee掲示板では常に利用規約に沿って書き込み内容をチェックしており、速やかに問題点を判断するよう努力しています。
このフォームから、掲示板の管理者や利用者にメッセージを送ることはできません。 掲示板の管理者宛のメッセージや、一般的な削除依頼は、掲示板上でお伝えください。

報告フォーム
掲示板ID / ZARD研究所BBS
記事番号
記事内容

Re:ZARDにまつわる原盤権

しょんぱちミックスさん、はじめまして、こんにちは。

原盤権については私もぜんぜん詳しくないのですが、
原盤権=レコーディング費用を出した人の権利
原盤=演奏・歌唱を収録したレコードのマスター音源
だそうです。
この定義からすれば、自費でレコーディングし直せば原盤権を侵害しないものの、
テンポやミックスを変えて再販すれば権利侵害に当たるのではないでしょうか。
(詳しい人、教えて下さい!)

> 91年製作のポリドール時代の1st,2ndアルバムと
> B-Gramで再販された1st,2ndアルバムですが、
> ZARD研調べでは、テンポを変えていたりミックスを変えていたりしていますよね?

いえ、ポリドール盤の中にMix違いが存在するのです。
ポリドール盤の初期以外のVer.はB-Gram盤と同じです。

———————————————
B-Gram RECORDS 沿革
https://www.wikiwand.com/ja/B-Gram_RECORDS

・1991年 - 2月、ZARDのデビューに合わせてポリドール・レコードにb.gramレーベルが設立される。
・1993年 - 2月26日、ビーイングとポリドールの共同出資によって株式会社B-Gram RECORDSが設立され、
販売はポリドールに委託する。初代代表取締役はZARDとTUBEのディレクターを務めていた小松久で、
取締役として長戸大幸も名を連ねていた。
 ・11月1日 - 同レーベルの楽曲管理を目的とした出版管理会社の株式会社グラムミュージックを設立。
 ・12月1日 - ポリドールの営業本部がポリグラムへ移管された事に伴い、販売元(*)が変更される。
・1995年 - 1月12日にビーイングの100%出資で自社販売会社株式会社J-DISC(後にJ-DISC Being)を設立し、
同年3月より販売元が移管された。それに伴い、B-Gramはビーイング100%出資の会社となった。

*販売元の表記がDISTRIBUTED by PolyGram,K.K.に変更されるのは
1994年2月2日に発売されたZARDの「この愛に泳ぎ疲れても/Boy」より。
同日に同社から再発売されたWANDSと大黒摩季の旧譜における表記は、
DISTRIBUTED by POLYDOR,K.K.になっている。
-----------------

> ちなみに3rdアルバムのころには、ビーイングの資金も潤っていた為に初版から原盤権はビーイングが保有してたとか、、、?

J-DISC設立時に、ポリドールが半分持っていた原盤権を買い取ったと考えてよいのでは?
(詳しい人、教えて下さい!)

問題点







コメント